Message

当たり前の日常が、
もっとより良いものになるために。

上下水道・ガス・通信・電力など、使えることが
当たり前の都市インフラ。
その当たり前の日常を、
数多の人と技術が
支えています。

例えば上水道、水源から蛇口までの水の
輸送
ネットワーク施設を管理するためのシステム

提供することで、私たちは社会に貢献して
います。

About us

ジオプラン・ナムテックは、ネットワークインフラを持つ企業や公共事業体が
管理する地理的・空間的な領域に存在する設備や資産を現実に近い形で
モデル化し、ネットワークを形成する機器や設備を全体で機能するシステムを
構築することで、効果的な設備計画、効率的な運用管理、高付加価値サービスを支援する、GIS を超えたSpatial Resource Planning (空間資産管理)、
およびNetwork Asset Management (ネットワーク型設備管理)
ソリューションを提供いたします。

About “Nippon Koei” group

社会基盤の整備に貢献する。

安全・安心な生活、活力ある活動を支える社会資本づくりに関わる
コンサルティング事業や電力エンジニアリング事業を通じて、
世界各国の国づくりの一翼を担う、
日本No.1の建設コンサルタントグループです。

長い歴史と豊富な実績。

1946年の創業以来、160 以上の国と地域において
国づくり・人づくりの根幹に関わるサステナブルな
事業を展開しています。
人々の生活に欠かすことのできないインフラの提供により、
社会とともに当グループも発展を続けていきます。

Presidents greeting

都市インフラに注力し、
地域の安心・安全に
貢献して参ります。

Tsunehiko Nishizawa

当社は、地域のスマートな施設の維持更新の課題について、ネットワーク・アセットマネジマントの観点から地域の安心・安全に貢献することを使命としています。

私たちは、1997年(平成9年)より「IT技術による都市インフラ管理の向上」を目指しています。
上下水道、ガス、通信、電気の施設・設備の計画、設計、建設、維持更新といった都市インフラのライフサイクル・マネジメントのためのシステム化に関するすべての事業を対象に取組んで参りました。
2018年5月からは、ネットワークであることによって機能を発揮している上下水道や電力、通信等の都市インフラに注力していることを明示するために、社名を「Network Asset Management Technology」の意味を込めて(株)ジオプラン・ナムテックとして事業を行っております。

創業当時より、都市インフラ施設の持続可能な機能の維持更新のためには施設に関する情報管理を行うこと、つまり維持管理とは情報管理であるとの認識のもと、データ管理の面から施設の計画・設計・建設・運用のマネジメントサイクルを支える仕組みの提供を行って参りました。
今日では国交省が下水道施設の維持更新について、データを起点とした点検・調査、修繕・改築を行うマネジメントサイクルの確立を図ることの重要性を指摘しており、当社の取組みの先見性が認められた思いがします。

人口減少が確実な我が国のインフラ施設は全体としては過剰になる地域が多くなっていきます。
生活や経済活動を維持しながら地域の面的なサービス提供を賢く縮むことは知恵の必要な難しい課題です。
当社は、2019年から建設コンサルタントの国内最大手の日本工営グループに参加することになり、地域のスマートな施設の維持更新の課題解決に取り組んでいます。

今後、日本工営グループの一員としてより高度なコンサルティング・サービスを伴うIT環境を提供することで、地域の安心・安全に貢献して参ります。